インターネット上に、つい不適切な書きこみをしてしまった。そのことで貴方が糾弾されているのなら、一度ご相談ください。

個人のお客様
トップページ個人のご相談インターネットの問題 ≫ 書きこんでしまった場合

インターネットの問題:書きこみが個人特定された・・・

悪口などを「書きこんでしまった」場合

一時の感情に流されてネット掲示板に人の悪口等を書きこんでしまうこともあります。 このような場合、書き込みの対象となった者が、その書き込みをした者を特定するために「発信者情報の開示」を求める場合があります。


開示手続きが取られたら

この手続が取られますと、プロバイダは、書き込みをしたあなたに対して、「開示しても良いかどうか」の意見を求めてきます。
そこでまずここでプロバイダに対し、「その書き込みは開示の要件を満たさないので開示しないで欲しい」、という意見書を提出することになるでしょう。


裁判所から訴状が届いたら

もっとも意見書を提出しプロバイダが開示を拒んでも、書き込みの対象となった者が、裁判を起こして開示を求め、それを認める判決が下ってしまい、あなたがその書き込みをしたことが判明してしまいます。
ここまで来ますと、書き込みの対象となった者は、あなたに対して、名誉棄損を理由に損害の賠償を求めるという方法をとってきます。

このような場合でも、被害を最小限に抑えるためのお手伝いを致します。


警察から呼び出しを受けたら

書込の内容によっては、刑事事件に発展する場合があります。警察からの呼び出しがあった場合等には、速やかにご相談ください。




⇒ ご相談の流れを確認