ネット掲示板での誹謗中傷対策

インターネット掲示板で誹謗中傷された場合、次の3つの対策が考えられます。

【1】 記事や書込の削除を求める
【2】 名誉毀損を理由として損害の賠償を求める
【3】 ホームページ上等での謝罪広告の掲載を求める

このうち、【2】つまり「具体的にいくらの損害賠償が認められるか」が、問題となる場合が多いと思います。札束

インターネット掲示板に人の誹謗中傷を書き込みますと、その人の名誉権や名誉感情を侵害したことになりますので、その損害を賠償しなければならないのが原則です。いわゆる「名誉毀損」ですね。

もっとも、名誉が毀損された場合の賠償額は、事件によってまちまちです。
といいますのも、車などの物が壊れた場合であればその修理代はハッキリしますが、名誉を傷つけられた場合には、それを癒すのにどれほどの金額がかかるか良く分からないからです。

そのため、ネット掲示板での名誉毀損事件の中から、似たような状況の事案を探し、おおよその当たりをつけることが重要となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)